Back to top

コンサルティングサービス

Maemura & Co. は、お客様が成功なさる可能性を最大限に引き出す為に種々のコンサルティングサービスを提供致します。弊所は、お客様が新たなビジネスチャンスを最大限に活かし、該当市場でより効率的に競争できるようにサポート致します。弊所は、お客様の特定のニーズと懸案事項を整合したマネジメント・オプションを提示し、お客様が情報に基づいた有益な決定を行うお手伝いを致します。

使用税および地方税のへ対策

複数の州で事業を行う企業は、州税、使用税、販売税および資産税の負担を最小限に抑えるために、複数州での事業を絶えず見直す必要があります。当事務所は、複数州での複雑な事業を行うクライアントを支援し、特定の州との連結性を最小化または排除するために事業の基点を再構築する助言なども行います。また、税金に関する係争解決サービスも提供しています。

Eコマース/インターネット事業に関する問題

Eコマースは、企業にとって、製品の宣伝、受注、販売などの行為を迅速に、しかも二十四時間稼動を可能にするものです。また企業は、Eコマースによって、在庫、施設、および人員を集約して諸経費を削減できる上、常に最新の販売情報と製品情報を提供することができます。当事務所では、企業間取引(BtoB)および企業と消費者間(BtoC)の取引における電子商取引に関連する税金問題の分野においても、サポートを提供しております。

事業評価

弊所はお客様に対して、信用性が高く、明瞭で、また説得力のある査定を、コスト効率が高く時宜を得た方法で、高い倫理水準を遵守して独立性を維持しつつ、誠実さを保って提供致します。税務当局は引き続き、非公開会社、パートナーシップ、従業員持株制度、インセンティブ・ストック・オプション、営業権、並びにその他有形及び無形資産の事業評価に焦点を当て続けています。弊所はこれらの業務を、関係者及びその専門アドバイザーに対し、秘密を保ちつつ遂行致します。

財務予測および予算分析

企業が効率よく収益を上げるためには、かかげられた事業目的、査定目標、および収益基準を着実に達成しなければなりません。当事務所は、クライアントの事業の財務状況を予測、評価し、資金需要を見積り、キャッシュフローを追跡する支援をしています。また、クライアントの業界、市況、競争情況、地理的な特性、そのほか予測結果に影響を与える可能性のある内部、外部の要因につき綿密な分析を行います。

不動産投資

昨今の世界的な経済および政治的情勢下では、米国不動産投資の管理はより複雑な作業となっています。米国のみならず諸外国の会計規則や税法はしばしば改訂されるため、投資利益率計算は煩雑なものとなっています。

当事務所は、豊富な経験をもって、不動産投資、購入、売却、賃貸借、および開発のための計画および税務戦略につき、クライアントを支援しています。更に、有限責任会社、有限責任組合、不動産合弁会社の設立、ならびに他の形態の不動産節税戦略についてもお手伝いしております。IRC 1031の不動産の同種交換による課税繰延の評価および計画作成は、当事務所の専門分野の一つです。

海外投資家に対しては、当事務所は、目標や目的に適った投資構造選択のお手伝いをしております。これには、現金の流動に最大限の自由を与える構造や、投資間の損益相殺についてのアドバイスも含まれます。

ベンチャーキャピタルからの投資

ベンチャーキャピタル会社から投資を得るためには、企業はビジネスプランに加え、様々な会計報告書を開示する必要があります。また、ベンチャー投資会社とのミーティングに備えた戦略交渉術が不可欠です。当事務所は、クライアントの市場性と成長性を特定するため、広範囲な市場および業界分析を含む効果的な会計報告とビジネスプラン作成のお手伝いをしております。また、ベンチャーキャピタル会社が投資実現の可能性を評価するのに利用するビジネスモデル作成の相談サービスも提供しています。

開発途上国の新興成長市場

多くの先進国では、 新興成長市場が、事業の成長及び投資の大きなチャンスを握っています。幾つかの企業は既に、新しい顧客、投資家市場、及び人的資源の利用によってその収益を拡大しています。しかしながら、この市場で成功する為には、企業は複雑な法的、制度的、及びビジネス文化的相違に対処する心構えが必要です。弊所は、新規市場へのビジネスチャンス分析に経験を有しており、お客様をこの未知の新興成長市場での成功へと導きます。弊所では、開発途上国に於ける支店の開設から事業買収まで、幅広いサービスを提供致します